子供を生んだ後の女性が働かなければならない場合には、どのようになっているのか?

admin

共働きをしなければならない産後の女性は・・・

働く女性が結婚して母親となった場合に、子育てと仕事を両立させて行くのは難しいものです。むろん、夫の収入だけで家計が成り立って行くのならば、仕事をやめて専業主婦となって子育てに専念することもできるわけですが、夫の収入だけでは家計が成り立たない場合には、そうも行かないわけです。そうした場合には、子供が生まれて乳児期である間は仕事をやめて育児に専念していても、子供にかかりきりにならなくてもよくなった頃からは、家計を賄うために再び職場に復帰することを考えることになります。

子供を託児所に預けて仕事をしている母親というものは

子供が乳児期を過ぎたので、再び職場に復帰して働くことになった女性が、仕事に就いている昼間は子供を託児所に預けておき、夕方、仕事を終えると託児所に子供を迎えに行って、いっしょに帰宅するといった光景は、最近では珍しいものではなくなっています。それだけ、結婚して子供を生んだ女性が夫婦共働きで働いている場合が増えている、ということなのですが、この仕事と育児との両立というものは、やはり簡単なことではないのです。

子育てと仕事との兼業が幼児期の子供に与える影響は

本来ならば、結婚して子供が生まれれば辞職して、専業主婦になり子育てに専念するか、あくまでも仕事を続けたいという場合には、結婚せずに独身生活を続けるということになるのでしょうが、現実にはなかなかそうは行かないわけです。そこで、子供から目が離せない乳児期のみは離職して育児に専念しても、その後は職場に復帰して、子供を託児所に預けながら仕事をする、といったパターンとなっているわけなのです。しかし、この子育てと仕事との「兼業」という母親のあり方は、幼児期の子供の成長にどんな影響をあたえているのか、という問題もあるのです。

家事や子育てなどで忙しい主婦におすすめのパートは、時間の都合が取りやすいシフト制のパートとなります。スーパーやコンビニなどといったパートが、おすすめの主婦のパートと言えます。