英語スキルで転職の幅を広げ外資系企業へ挑戦

admin

英語が話せれば選択の幅が大きく変わる

この日本でも外資系企業の数が増え、多くの外資系企業が日本にオフィスを構える様になりました。そのため、日本人スタッフでも英語を話す人が多く、普段のメールやコミュニケーションから英語を活用する機会が多く、英語が話せる事が必須条件であることも多くなります。そのため、もし英語スキルを持っている事で、今後の転職先の幅も広がり、日本企業でもグローバル化が進む事でしょう。社会人になっても英語を勉強する人も増えましたので、いつから勉強を始めても遅い事はないでしょう。

日々の業務で英語を使う頻度

外資系企業へ入社をすると、上司が外国人である事は多く、日々の上司とのコミュニケーションがすべて英語である事は珍しい事ではありません。そして、外資系企業では、本国とのやりとりや、本国の社員が日本へ訪問した際にはアテンドをする必要があり、英語を使う頻度は非常に多くなります。そのため、出来れば英語で交渉が出来るレベルまでスキルアップをする事が望ましいですが、コミュニケーションがとれるレベルでの外資系企業への転職は可能です。

仕事をしながら覚える英語

転職のために英語を勉強し始めても、普段の業務で英語を使う事でよりスキルを伸ばす事が出来ます。メールを毎日英語で送り、外国人スタッフと英語で話す事で、オンザジョブで学ぶ事ができ、より早くスキルアップが見込めます。そのため、自分を英語を使わざるをえない環境におく事もスキルアップの方法の一つです。英語とはコミュニケーションツールの一つと言われていますが、転職をする際には選択出来る求人の幅が大きく広がりますので、徐々にスキルを高めていくと良いでしょう。

英語の転職の成功率を高めるために、実務経験の内容をしっかりとアピールすることはもちろん、常に語学能力を高めることが重要です。